So-net無料ブログ作成
検索選択

山形 庄内平野の蕎麦屋「大松庵」 [旅]

秋田から埼玉に帰るにあたり、いつもは高速道の酒田IC山形道~東北道~佐野藤岡IC経由を
使うのですが、今回は急ぐ旅ではないので日本海側を国道七号線鶴岡~村上~新潟~関越道で
帰ることにしました。そのために十数年ぶりのお店に寄ることができました。

北に鳥海山、東に出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)を望む庄内平野、
鶴岡市の国道七号線脇の郊外に「大松庵」はあります。
「大松庵」の建物は天明の慈善家、鈴木今右衛門の旧宅を移転復元したものです。
全景.jpg
大松庵.jpg
玄関.jpg

まさに骨董品に囲まれた蕎麦屋です。
そば本来の美しい味と香りを大切にした玄そばを毎朝石臼で挽き自家製粉して
の古くから伝わる純粋の手打ちそば。
〇名物メニュー
  麦きり〔庄内独特の手打ち生うどん〕
  玄米とろろご飯
  玄米焼おにぎり
  季節の炊き込みご飯
  草餅〔餡を中にいれず、たっぷりかける〕
  とち餅〔トチの木の実を使った縄文時代からの製法〕
  弁慶飯〔味噌をつけ青菜で包んで焼き上げたおにぎり〕
店内.jpg
雛飾り.jpg

私は「とろろ蕎麦のうす盛り」を注文いたしました。以前来たときには
「板そば」といい板の箱に入れられた形でのものでしたが、今はかごに
いれられています。
とろろ蕎麦.jpg
ワサビは鮫肌のおろし器を使いますが写真の通り年代物で長次郎作と
大きく銘が書かれています。
長治郎.jpg
箸置きには椿の葉がさりげなく使われていて季節感を出していました。
つばき.jpg
締めで頂いたそば湯の美味しさ、抜群です。そば湯は蕎麦の本当の姿を表して
しまうものではないかと感じました。ごまかしは通用しないものかと。
帰りの会計の時にご亭主にお目にかかりましたが、考古学の教授らしき風貌で
多分奥様らしき藍のもんぺ姿の凛々しい女性とともに蕎麦の味わいを高めてくれました。
後悔するのはヨモギをふんだんに使った草餅を食べなかったこと。

☆営業時間は午前10時30分より午後4時30分 定休日は金曜日
 お近くに行かれた時はぜひ御利用をお勧めします。

☆夏の季節に訪れると東側に拡がる畑から涼しい風が吹き込み気持ちよい時が過ごせたのですが
 今回訪れたら、東側に高速道路の橋げたが出来ていて興ざめしてしまいました。残念です。 
nice!(3)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 15

心の旅人

おぉ~ヽ(^。^)ノ なんと気品と歴史溢れる情緒ある蕎麦屋なのでしょうか(o^-')b 凄く遊楽さんにもマッチしていて、ここで遊楽さんがそばを食べているのを想像するにちょっと惚れ惚れしてしまいますね♪
 
又、器や膳も凄くいい味を出していて素晴らしいですね(^_-)-☆
これはそばも美味いに決まってますわ(*^-^*)

草餅と高速道路の橋げたは残念でしたが、最後にも気持ちよい旅路が出来ましたね♪
by 心の旅人 (2008-04-26 11:51) 

飛騨の忍者 ぼぼ影

そば好きな人にはたまりませんね。
by 飛騨の忍者 ぼぼ影 (2008-04-26 16:24) 

ぽんぽこ

十数年ぶりに訪れたとありますが、そういう経験って良いですね。

十年ひとむかしといいますが、それだけ時間が経てば、自分も変わり、お店も変わり。一方で、自分やお店にも変わらないところがあり。。。。

あぁ、川上之嘆
by ぽんぽこ (2008-04-26 16:47) 

遊楽

急ぐ旅の時は高速道路は助かりますが、急がない時は普通の道路が
良いですね。只、ゴールデンウイークは別ですが。
「道の駅」と呼ばれる施設があちこちに出来てきましたが
イマイチですね。魅力的な道の駅が望まれます。
by 遊楽 (2008-04-26 18:11) 

遊楽

飛騨の忍者 ぼぼ影さんへ
飛騨地方にお住まいではかなりの蕎麦通とおみかげします。
蕎麦通の方は美味しい蕎麦を求めて旅にでると聞いております。
機会ありましたら御賞味下さい。
by 遊楽 (2008-04-26 18:18) 

遊楽

ぽんぽこさんへ
ぽんぽこさんにも嘆くことがあるのですか?  失礼しました。
内に秘めたことがらは他人には分かりませんからね。
「人間悩んで大きくなる。」こんな言葉ありましたよね。
恋の悩みでしたらアドバイス出来るのですが。
仙台でぶちまけましょう!
by 遊楽 (2008-04-26 18:29) 

遊楽

takagakiさんへ
ありがとう御座います。
takagakiさんに見られていると思うと載せる写真に
神経使います。でも良い緊張感が持てて感謝しています。

by 遊楽 (2008-04-26 18:36) 

hime

建物の作りや鮫肌のおろし、箸置きでも美味しさが増しますね。
10年前も今も極上の美味しさでしょうが、、ますます美味しく
なったのか、良い意味で変わらない味なのか、、、

by hime (2008-04-26 18:41) 

かおちん

遊楽さんのブログは別世界のようです! 写真がとっても素敵ですね。椿の葉の箸置きが素敵です。 草やお花をさりげなく食卓や素材に使っているのって好きなんですよね~^0^
by かおちん (2008-04-26 19:50) 

一路

ほお~、もう食べる前から美味しい蕎麦屋さんである事が分かると言うか
ここまで行くとまさに芸術ですね。
我が家は皆蕎麦が好きで、一度でよいからこんな蕎麦屋さんで
極上の蕎麦を食べさせてあげたい。そう思わせる蕎麦屋さんですね。

by 一路 (2008-04-26 19:51) 

遊楽

himeさんへ
多分、食べる人のほうが変わっているかと思います。
10年間の蕎麦自体の変化は僅かでしょうが
人の味覚は知らず知らずに大きく変わっているのでは。
ただそば粉の割合は変えていたような気がします。
つなぎの割合が増えていたような。


by 遊楽 (2008-04-27 08:40) 

遊楽

かおちんさんへ
草花を日々の生活に使っている人いますが
羨ましいです。 気持ちにゆとりがないと草花への
観察と利用の仕方の発想は生まれないかなと。
昔茶道を習っていた私としては心がけなければならない
ことなので自省です。
by 遊楽 (2008-04-27 09:06) 

遊楽

一路さんへ
親の味覚、子供の頃の味覚が大人になった時の味覚のベースと
なるようなので、お子さんには美味しい味を賞味させてあげて下さい。
毎晩うどん、うどんの子供のころを思い出しますね。
by 遊楽 (2008-04-27 09:24) 

うめさん

蕎麦好きとしては、いつかは食べてみたい蕎麦ですね。
本当に食べたいなりました。ちょっと、遠いけど。
by うめさん (2008-04-27 19:42) 

遊楽

うめさんへ
蕎麦好きの通が行うという蕎麦屋での飲酒、板わさをつまんで。
そうした行為が絵になるお店でないと侘びしい男でしかない。
休日の昼、散歩がてらに蕎麦屋に寄り日本酒をゆっくり味わい
美味しい蕎麦を味わって食べ至福の時を過ごす。
ふさわしい蕎麦屋は近くに無いから私は当面出来ません。
うめさんは時々楽しんでいるのでは、そんな気がしますけど。
by 遊楽 (2008-04-28 08:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。